スポ&エンタ語りすぎる件

スポ&エンタ語りすぎる件

『夜廻り猫』7巻とやさしい世界

コロナ禍で苦しんだ2020年の年末、あらゆる人の心に寄り添う『夜廻り猫』の第7巻が出たので書店に注文して入手しました。いつも言うけど、このマンガは紙じゃなきゃ!と思わせる「重み」があるんだよね。そして年が明けて2021年2月4日から新宿の京王百貨店の丸善書店で展覧会が開催されています。さっそく行ってきたよ。
スポ&エンタ語りすぎる件

『夜廻り猫』第6巻が出たぞ

待ちに待った『夜廻り猫』の第6巻が出た。今回は特装版も同時発売で、そっちには「夜廻り猫の雑貨店」という小冊子が付いてる。マンガと雑貨店で扱ってる商品(もちろんすべて架空だよ)のデザインとかがついてて楽しい作りになってる。
スポ&エンタ語りすぎる件

『海街diary』最終巻を読んだよ

鎌倉の街を舞台に繰り広げられる3+1姉妹を巡る物語が、いよいよ完結! そのタイトルも「行ってくる」だもんなぁ。オッサンも魅了したみずみずしい心のやり取りに対し、オッサンが語る!
スポンサーリンク
スポ&エンタ語りすぎる件

紅白に出る夢を見たが紅白は今後どうするのかなー

大ヒット映画『ボヘミアン・ラプソディ』の記憶からか、なぜか紅白歌合戦に出場しクイーンの曲を歌う夢を見てしまう。そこから話は昭和歌謡へ…。われながら意味がわかりませんが、昭和歌謡はいかに名曲が多かったか。
スポ&エンタ語りすぎる件

ボヘミアン・ラプソディと夜廻り猫展

空前の大ヒットとなった映画『ボヘミアン・ラプソディ』を観ていろんな感慨に浸りながら、おなじリアルタイム世代の深谷かほる先生が描く『夜廻り猫』と何かがシンクロします。
スポ&エンタ語りすぎる件

部活か……何もかもみな懐かしい。(沖田艦長じゃなく部ダメの話)

知り合いの若手漫画家いづみかつき著「部活、好きじゃなきゃダメですか?」がいきなりドラマ化!しかも演じるのはジャニーズ若手1押しといわれるキンプリかよ!練馬区民、とくに大泉学園の人は見なきゃダメでしょ!
スポ&エンタ語りすぎる件

喜びも悲しみも幾歳月(漫画家さんの2つのニュース)

ベテランの漫画家さんと若手の漫画家さん、2人の少し縁のある漫画家さんの悲報と朗報がそれぞれ同じ日に届いた。ぼくはなんだか『喜びも悲しみも幾歳月』という古い映画を思い出していた。
スポ&エンタ語りすぎる件

石ノ森章太郎先生とドラマと

日テレ「24時間テレビ2018」のスペシャルドラマとして放送された『ヒーローを作った男 石ノ森章太郎』を観た感想やら何やらを書きました。日本マンガの本当の黎明期、トキワ荘のエピソードに、すべての漫画好きは一度はふれてほしいなぁ!
スポ&エンタ語りすぎる件

忖度と同調圧力と西野さんとワールドカップ

2018年ロシアワールドカップ(もちろんサッカーです)を前に、日本代表には激震が走りました。アギーレ前監督の疑惑(なんだったっけ?)を受けて突如代表監督をお願いしたハリルホジッチ氏が、ワールドカップ目前に解任されてしまいました。ちなみにハリさんという呼称を流行らせようとしましたがうまくいきませんでした。
スポ&エンタ語りすぎる件

若き獅子たち(ヒデキ for ever…)

西城秀樹さん。享年63歳。昭和世代にとっては圧倒的なアイドルで、男どもはみんなジェラシー感じてたんだ。いま、改めて聴くと、「歌を歌う覚悟」を感じるなぁ。そして、阿久悠先生作詞の、この「若き獅子たち」は、平成世代も令和世代も一度聴いとけ。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました